「まじめなおねえちゃんと、やんちゃだけど本番に弱い妹(!?)」を中心とした気ままなブログです!

menu

みゆみさ.com

最低限必要な防災グッズリストに載っていないアイテムとは?

非常持ち出し袋

昨日1月17日は阪神淡路大震災から20年の節目となり、
各メディアでも大きく報道され防災について改めて考えさせられました。

地震当時、私は学生だったのですが、
早朝、地震に驚いて布団から飛び起きテレビをつけると、
神戸付近の震度だけ「空白」だったのが非常に印象的でした。

あれから20年、東日本大震災もあり防災について改めて考えさせられます。

昨夜はMiyu・Misa・Mamaはお出かけでしたので、
Papaだけ単身自宅で夜を過ごしたのですが、
物静かな自宅に”寂しさ”を感じてしましました。

そう考えると、
家族のコミュニケーションが非常にありがたいものだと、
震災関連のニュースを見ながら想像したのですが、
今日の話題はそんな震災時に役に立つ『防災グッズ』についてです。

総務省消防庁では非常時の防災グッズについて、
保存食・水・毛布・救急箱など最低限必要とされる防災グッズを案内しています。

防災グッズ
(引用:総務省)

最近はこれら防災グッズが一袋にまとめられたものが販売されています。

例えばコレ↓

ネットの他、ホームセンターでも売っていますので、
自宅に常備している人も多いのではないでしょうか?

しかし、阪神淡路大震災について調べてみると、
このようなグッズの他に「アレがあればよかったのに…」との声も
被災者の体験談では聞かれます。

その一例としては「メガネ」です。

私もメガネ族なのですが、
寝る時外してMisaにいたずらされることも多々、
朝起きて探すこともあるのですが、
阪神大震災のように早朝布団から飛び起きて探していては迅速な行動はできません。

それに、家具の転倒でメガネが破損することも想定されるので、
予備のメガネを非常袋に入れておいたほうが良いとの意見がありました。

メガネに入れ歯!? 非常持ち出し袋に入れておきたい防災グッズ10選がこちら

このまとめで個人的に興味をもったのが「トランシーバー」です。

調べてみると学校・ホテル・レジャー施設など、
企業を中心に導入されているそうです。

もちろん、個人で用意する人もいるそうですが、
今や携帯やスマホを持っていないと不安を感じるほどの時代ですので、
イザと言う時のコミュニケーションツールはやはり必要かもしれないですね。

みなさんも防災グッズを再点検してみてはいかがですか?
↓↓
最低限の防災グッズをリスト化したものがこちら


関連記事

プロフィール

責任感が強く面倒見のいい学級委員長タイプのお姉ちゃん「みゆ」と、アンパンが好きでiPadに夢中のやんちゃな妹「みさ」の気ままなブログです。記事はPapaが中心に書いています。

人気記事ランキング

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。「面白い」「役に立った!」など感じたときはポチッとクリックしてもらえるとうれしいです♪

にほんブログ村 子育てブログへ

育児・女の子 ブログランキングへ