「まじめなおねえちゃんと、やんちゃだけど本番に弱い妹(!?)」を中心とした気ままなブログです!

menu

みゆみさ.com

待ち時間を伝えるときは少し長めに伝えたほうが良い!?

待ち時間を伝えるコツ

今日、お姉ちゃんのMiyuは病院です。

土曜日の午前と言うこともあり、
多少混雑していたのですが、
待ち時間も30分ほどで済んだのでホッとしました。

それにしても最近は待ち時間や待ち人数の情報提供など
病院の環境も大きく改善しましたね。

いつ呼ばれるかわからないイライラも解消され、
時間を有意義に使うことができるようになりました。

「待ち時間」と言えば病院に限らず色々な施設で生じるのですが、
実は「待ち時間の伝え方」にちょっとしたテクニックがあるのはご存知でしょうか?

そのテクニックとは…
『待ち時間は少し長めに伝える』
ということです。

例えば、20分くらいの待ち時間になると思われるときは
相手に「待ち時間は30分くらいです」と伝えるのです。

人は不思議なもので20分の待ち時間を実際に体感した時、
「待ち時間15分」と伝えられていたのと、
「待ち時間30分」と伝えられていたのでは、
前者の場合だとイライラに発展することが多いのに対して、
後者はストレスがかからないようですよ。

これは、ディズニーランドに行くとよく感じませんか?

スタンバイ60分と聞いて、
実際に並んでみると50分でアトラクションに乗れるとラッキーと感じますよね。
コレと同じわけです。

ディズニーがこの方法で案内しているかはわかりませんが、
もしかしたらこのような気配りをしているのかもしれません。

ちなみに、
アトラクションの待ち時間を楽しく過ごしてもらうための工夫
についてまとめた記事がありますので参考にどうぞ!


関連記事

プロフィール

責任感が強く面倒見のいい学級委員長タイプのお姉ちゃん「みゆ」と、アンパンが好きでiPadに夢中のやんちゃな妹「みさ」の気ままなブログです。記事はPapaが中心に書いています。

人気記事ランキング

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。「面白い」「役に立った!」など感じたときはポチッとクリックしてもらえるとうれしいです♪

にほんブログ村 子育てブログへ

育児・女の子 ブログランキングへ